ホーム » 名古屋のクリニック紹介 » おぐり眼科(名古屋)のレーシックはどうなの?

おぐり眼科(名古屋)のレーシックはどうなの?


名古屋でレーシックをした女性レーシックを検討しているという人達を悩まさせるのが眼科選び。名古屋には品川近視クリニックの他にもおぐり眼科があります。
 

レーシックによる視力回復を目指せて、適性検査+手術が1日で完了するワンデーレーシックなども用意されているので、忙しい人でも気軽に通うことができます。

 

時間が取れない人にワンデーレーシック

 

おぐりクリニックのワンデーレーシックは、適性検査と手術が1日で完了します。わざわざ仕事を休まなくても、週末などの休日を利用してレーシック手術を受けることができます。
 

ワンデーレーシック当日の、おおまかな流れは午前中に術前検査(適性検査)を行って、午後に手術をします。
 

もちろん午前の適応検査でレーシック不適合と判断されればレーシックは受けられなくなります。その場合はレーシック以外の施術を検討することになります。
 

おぐりクリニックのワンデーレーシックでは4つの手術方法を用意。手術方法によって、おすすめの人も分かれているので自分にあった術方を選ぶことができます。
 

プレミアムアイデザインレーシック

視力回復だけではなく、夜間視力など見え方にも拘りたい人
 

プレミアムエピレーシック/ラセック/PRK

角膜が薄い人、スポーツなど普段から体を動かす機会の多い人
 

Nレーシック

軽度の近視の人やリーズナブルに手軽にレーシックを受けたいという人。ただし質的にはおすすめできません。
 

iFSイントラレーシック

厚生労働省に認められた安全性の高い術方で、軽度~中度で悩み安全性の高い術方を希望している人
 

翌日には検診があり、その検診の次の日からは洗顔洗髪も可能です。
 

ワンデーレーシックを受ける為には、事前に電話での予約が必要になります。名古屋でレーシックを希望する方には候補に入れてもいいかもしれません。
 
 

アフターケア

 

目が痛い

レーシックの手術を受けた後も、気になることや心配なこと、または万が一のトラブルが起きてしまった時などに安心できるのがアフターケアです。
 

名古屋栄に医院を構えるおぐりクリニックでは、充実したアフターケアが用意されています。
 

合併症以外で治療が必要になる場合の目薬の処方には料金が必要になるケースもありますが、保証期間内であれば検診や相談に費用は発生しません。
 

術後に気になることも無料で相談をしに行くことのできるのは、安心して通院できる嬉しいポイントです。
 

更に保証期間内であれば、術後視力が最低下してしまった時など再手術が必要になった時、同じ術方に限り最初1回目の追加矯正は無料になります。
 

合併症治療の対応も無料で受けることができるなど、手術後にも安心して過ごせるアフターケアが用意されているのは、おぐりクリニックの魅力の1つです。
 

手術後に発生してしまう可能性を持つ、かすみやぼやけなど様々な合併症はレーシックを検討している人達にとって不安の1つ。
 

定期健診そして発症してしまった場合には、すぐ適切な処置をすることで合併症の症状も改善できます。
 
 

多院で断られた人も可能性あり

 

多院では「レーシックを受けられない」と言われて諦めていた人でも、視力回復の施術を受けられる可能性があります。
 

おぐりにクリニックには”眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)”が用意されています。
 

眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)は角膜の厚さ、近視の度数などは関係なく、手術を受けることができます。
 

なので角膜の薄さを理由にレーシックを受けられずに悩んでいた人や、強度の近視や遠視に悩む人なども一度、おぐりクリニックに相談してみると視力回復を目指す、きっかけになるかもしれません。
 

眼の中に、コンタクトレンズを挿入する術方の眼内コンタクトレンズ(フェイキックIOL)は、専門のライセンスが必要。
 

全国でライセンスを取得している医師の数は少ないですが、おぐりクリニックでは経験と実績を積んでいる専門医が日々、患者に寄り添い治療に励んでいます。
 

ただしフェイキックIOLは料金が高いというデメリットがあるため、そこは慎重に判断してください。レーシックの2倍くらいの費用になります。

 

信頼できる専門医、優秀なスタッフであれば、抱える不安も少なく通院することができます。
 

心配なことや不安なことも相談しやすい医院で術前・術後の心配をすることなく、視力回復を目指していきましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
 
error: Content is protected !!