レーシック手術で失明はある?


■レーシック手術で失明することは?

レーシックの手術というのは目にレーザーを当てるというものですから、もしかしたら失明してしまうんじゃないかと不安になっていると言う人もいると思いますが、レーシックの場合には角膜を削るという手術をするので、目の組織そのものにダメージを当てるというわけではありません。

ですから失明してしまうというリスクはほとんど無いに等しいと思います。そもそもレーシックを受けられる人の条件として、角膜が薄い方はレーシックが受けられません。

レーシックを受けることによって、感染症になってしまったり、視力がレーシックの手術前よりも低下してしまったというような話は稀に聞くことがありますが、レーシックで失明してしまうということはないので安心してください。

しかしレーシック手術で失明してしまうことがなくても、感染症などになってしまえば大変なことになってしまいますから、レーシックを受ける時にはきちんと信頼できるクリニックを見つけることが大切だと思います。

失明しなければよいというものではなく、様々な目の病気などになってしまえば、レーシックを受けた後にも苦労しなければなりません。レーシックを受けて視力の回復が進み、今までとは違った快適な生活を送ってくようにするためには、評判が良く実績のあるクリニックを選びましょう。

最近では費用が安くなっているクリニックも出てきてますから、費用の面と信頼や自責の面をそれぞれで考えてみて、ベストなクリニックを選んでいくことが大切になってくると思います。

失明の危険性については、ほとんどありませんので、失明してしまうんじゃないかと不安になっていた人は安心してください。