レーシック手術のメリット

レーシックの手術を考えている方のほとんどが、レーシックの手術を受ける前にこの手術におけるメリットを知人や口コミ、それぞれ何らかの手段で情報を得ています。名古屋の場合もそうです。

そして多くの方がその情報で手術を受ける決断を下したと言えます。

メガネ・コンタクトレンズとレーシック手術

まず視力を矯正する為に使用するのはメガネやコンタクトレンズです。メガネは近年では安価なメガネが出てきている上、着脱しやすいお手頃な物と考えられます。

しかし、メガネをかけた時のその容姿からメガネを避ける人も少なくはありません。

コンタクトレンズでは直接眼にレンズを取り付ける為、メガネでの容姿を気にする人やスポーツをする時に邪魔にもならないのでスポーツをする人がよくこのコンタクトレンズを使用します。

使い捨てではないタイプと使い捨てのタイプとがありますが、使い捨てではないタイプも約3年ごとには買い替えをしなければいけません。

一生コンタクトレンズのお世話になる場合、使用頻度にもよりますがどちらのタイプにせよコンタクトレンズにかかる総費用を考えるとかなりの額になります。

一方、レーシックでは一回の手術費用が平均15万~20万と言われていますが、一生メガネやコンタクトレンズのお世話になることを考えればとても安い金額になります。
さらにコンタクトレンズの着脱時の煩わしさや、メガネからも解放されるというわけです。

生活面におけるメリット

まずレーシック手術を受けた方が視力回復をされてよく聞くのが、朝目覚めた時にすぐ時計が見える!という感想です。

近視とお付き合いしている方ならよく分かると思いますが、朝目覚めてまずメガネをかけてから時計を見るというのがもうすでに一連の動作になっていると思われます。

このメガネをかけるという煩わしさから解放され、パチッと眼を開けただけで壁にかかっている時計が見えるというのは感動的です。

また職業柄で近視がNGの場合も、レーシック手術で視力を回復させることによってクリアすることができます。