レーシックを受けられる人の条件を教えて!


■レーシックを受けられる人の条件

レーシックの手術というのは基本的に18歳以上の方であれば、受ける事ができます。

しかしレーシックの施術が受けられる人と受けられない人というのがいて、レーシックの手術を受けられる人は、18歳ということの他に角膜に何か病気などがないということが挙げられます。

それから、緑内障や白内障など、目の大きな病気を持っていないということも重要になってきます。

それから角膜の厚みによっては手術はできない人というのもいて、レーシックを受ける前には必ず検査を行いますから、自分がレーシックを受けることができるかどうか、わかると思います。

角膜が薄い人というのはレーシックを受けることができないし、結膜炎や逆さまつげが酷いという人もレーシックを受けることができません。

ただ最近ではレーシックに使われている機械も数種類出てきているので、機械によってはレーシックを受けることができるという場合もあります。クリニックの先生に詳しく相談してレーシックを受けることができるかどうか、確かめてみると良いと思います。

ほとんどの場合には、レーシックを受けることができるとは思いますが、どうしてもレーシックが受けられないという場合には、今まで通りメガネやコンタクトと付き合っていくしかありません。

レーシックというのは角膜の厚みや角膜の形状などによっても受けることができないという場合もあります。まずはどんな人がレーシックを受けることができるのかということについて、詳しく自分で知っておく必要があると思います。