飛躍的に安全になったレーシック


レーシックは、目の表面の角膜を薄く削り、視力を矯正する技術なのですが、角膜を削る工程の前に角膜の表面を薄く切り取って蓋として用意したあとで(これをフラップと呼びます)内側を削ってフラップをかぶせて終了させるものです。

このフラップ作成のために、以前はマイクロケラトームという専用の小型カンナのようなものを用いていました。これを執刀医が手作業で動かしていたため、どうしても人為ミスのようなものもありました。

それはフラップの厚さが当初予定していたよりも薄い、厚い、変形してしまったなどの不具合を起こす結果となりました。

しかし、現在はフラップ作成にもレーザーを用いており、更に作るフラップの厚さ、削る角膜の厚さなども機械が計算して、それを元に自動的に手術を進めてくれるようになったため、以前ケラトームで執刀医が行っていたレーシックに比べて格段に精度が上がりました。

更に、ケラトームでフラップを作るよりも、レーザーのほうが更に緻密な作業が可能であるため、薄いフラップ作成が可能となったのです。

そのおかげで、以前は生まれつき角膜が薄いためレーシックを受けられなかったという人でも、レーシックを受けられるかもしれない可能性が広がりました。

また、手術中は、目薬で麻酔をするため痛みを感じませんが、麻酔をしたところで、人間ですから眼球がどうしても多少は動いてしまいますよね。

最新のレーシック機器には、この眼球の動きを高速で捉えるセンサーが搭載されているため、その動きに合わせてレーザーを照射してくれます。

よって、フラップ作成も、その後の角膜蒸散も人間の手作業では不可能な域にまで精度を高めて行うことができるようになっています。

こうしてフラップを正確に作ったり、眼球の動きに合わせて予定通りの角膜蒸散を行ったりすることで、ハロ現象のような合併症の確率もグンと下がりました。術後のものの見え方もとてもくっきりとして好評なのだそうです。