ホーム » レーシック情報 » 

レーシック後の数十年後に後遺症が出る可能性は?


名古屋でレーシックをした女性レーシックの施術を受けてから10数年後などにレーシックの後遺症が出てしまう可能性は、全くないとは言い切れません。
 

しかしレーシックというのは国内で普及し始めたのはこの数年となっていますから、実際にはレーシックを受けてから10数年が経過している人は、とても少ないと思います。
 

また実際に施術を受けてから10数年が経過してしまうと、目や体に不快な症状が起きてもそれがレーシックと関係しているのかどうかを特定するのが難しくなってくると思います。
 

加齢による原因もあると思いますし、それ以外の原因を考えることもできます。
 

ですからすべてがレーシックによる後遺症と断定することができなくなってしまうので、症状の改善に努めるしか方法はありません。
 

ただ最近のレーシック手術というのはどんどん進化している状態ですから、レーシックの施術を受けて数年経過していても、何の問題もなく生活が出来ているという人がとてもたくさんいます。
 

私自身も名古屋の品川近視クリニックでイントラレーシックを受けましたが、後遺症なんてものは全く感じません。
 

 

良い方向で考えていけば10数年後に後遺症が出てしまうということは考えにくいのですが、レーシックは角膜を削っての施術になりので、そういった部分が10数年後にどのような形で現れてくるのかはわからないことです。
 

万が一、10数年後に後遺症が起きてしまったからと行って、ケアをしてくれるようなクリニックも少ないですし、保証期間に関しては長いクリニックで15年となっています。
 

それ以上の期間を過ぎてから起きてしまった後遺症に関してはレーシックとの関係性がしっかりと認められない限り、自分で改善に取り組んでいくしかありません。

レーシックを受けられる人の条件を教えて!


名古屋でレーシックをした女性レーシックの手術というのは基本的に18歳以上の方であれば、受ける事ができます。
 

しかしレーシックの施術が受けられる人と受けられない人というのがいて、レーシックの手術を受けられる人は、18歳ということの他に角膜に何か病気などがないということが挙げられます。
 

それから、緑内障や白内障など、目の大きな病気を持っていないということも重要になってきます。
 

それから角膜の厚みによっては手術はできない人というのもいて、レーシックを受ける前には必ず検査を行いますから、自分がレーシックを受けることができるかどうか、わかると思います。
 

角膜が薄い人というのはレーシックを受けることができないし、結膜炎や逆さまつげが酷いという人もレーシックを受けることができません。
 

レーシックを受けられる人が増えている

ただ最近ではレーシックに使われている機械も数種類出てきているので、機械によってはレーシックを受けることができるという場合もあります。
 

クリニックの先生に詳しく相談してレーシックを受けることができるかどうか、確かめてみると良いと思います。
 

ほとんどの場合には、レーシックを受けることができるとは思いますが、どうしてもレーシックが受けられないという場合には、今まで通りメガネやコンタクトと付き合っていくしかありません。
 

名古屋でレーシックを希望される方は、一度クリニックの適応検査を受けに行けば判別してもらえます。
 

適応検査は、無料で受けられるクリニックと有料のクリニックがあるので注意してください。ちなみに品川近視クリニックは無料です。
 

レーシックというのは角膜の厚みや角膜の形状などによっても受けることができないという場合もあります。
 

まずはどんな人がレーシックを受けることができるのかということについて、詳しく自分で知っておく必要があると思います。

レーシック手術で失明はある?


レーシックの手術というのは目にレーザーを当てるものですから、失明してしまうんじゃないかと不安になっている人もいると思います。
 

レーシックの場合には角膜を削るという手術をするので、目の組織そのものにダメージを当てるというわけではありません。
 

ですから失明のリスクはほとんど無いに等しいと思います。
 

そもそもレーシックを受けられる人の条件として、角膜が薄い方はレーシックが受けられません。
 

レーシックを受けて、感染症になったり、視力がレーシックの手術前より低下したという話は稀に聞くことがありますが、レーシックで失明したということはないので安心してください。
 

感染症は注意が必要

しかしレーシック手術で失明してしまうことがなくても、感染症などになってしまえば大変なことになってしまいます。
 

レーシックを受ける時にはきちんと信頼できるクリニックを見つけることが大切だと思います。
 

失明しなければよいというものではなく、様々な目の病気などになってしまえば、レーシックを受けた後にも苦労しなければなりません。
 

レーシックを受けて視力の回復が進み、今までとは違った快適な生活を送ってくようにするためには、評判が良く実績のあるクリニックを選びましょう。
 

最近では品川近視クリニックのような費用が安いクリニックもあるので、費用の面と信頼や自責の面をそれぞれで考えて、ベストなクリニックを選んでいくことが大切です。
 

失明の危険性については、ほとんどありませんので、失明してしまうんじゃないかと不安になっていた人は安心してください。

レーシック手術で確定申告の医療費控除ができる!


レーシックは医療費控除の対象となる?

→なります。
 

国税庁によれば、レーシック手術は「目の機能を医学的な方法で正常な状態に回復させる」ものであり、「医療行為」として認められていますので、医療費控除の対象になります。
 

「断られる」という話もありますが、国税庁がそう認めている以上、税務署もそれに従って控除を行う義務がありますので、もし却下されても抗議するようにしましょう。
 

医療費控除の方法

・会社員(もしくはその妻) →勤務先に申告書を提出
・自営業、他 →確定申告
 

※年間10万円以上の医療費が控除の対象

 

レーシックだけでなく、年間の医療費を合計した金額がこの控除対象となります。しっかりと領収証を取っておくようにしましょう。
 

また、その時に民間の保険会社の医療保健から給付金をもらっている場合は、それを引いた金額が控除の対象となります。
 

医療費控除は、「課税金額から、医療費の分を引くことができる」ものです。
 

たとえば確定申告の結果、課税金額が200万円だったとしましょう。ここから、レーシックや医療費で25万円の医療控除を引くと、「200万-25万」で「175万円」になります。
 

この結果、この175万円に対して税金が課税されることになります。
 

確定申告には領収証が必要ですので、とにかく領収証を取っておくことです。
 

わからない人は税務署で相談を受け付けていますし、書類を持っていけば書き方を親切に教えてくれますので、大丈夫です。

レーシック後のドライアイが心配な方へ


ドライアイとは?症状を考える

近年、視力回復手術としてメジャーになってきているレーシック手術ですが、手術後に個人差はありますがドライアイになりやすい事をご存知でしょうか?
 

レーシック手術とは、角膜を削って視力の矯正を行う手術の事です。レーザーで角膜を削る事で手術後にかなりの確率でドライアイになります。
 

ドライアイとは簡単に言うと『目の乾燥』の事です。涙の量がが減ったり涙の蒸発が進んで目が乾いたり、逆に涙の量が増えてしまう症状もドライアイと呼ばれています。
 

角膜や結膜に異常が出て不快症状に襲われる事をドライアイと言います。
 

術後のドライアイの確率

レーシック手術後に程度の差こそあれドライアイになる確率はほぼ100パーセントに近いです。
 

角膜を傷つけるわけですから当たり前ではあるのですが、レーシック手術の後遺症として手術前に知っておく事が必要でしょう。
 

ドライアイの症状は個人差がかなりあるので、この症状が出やすいなどはありません。
 

期間もまた同じで大体角膜の回復~視力回復の間・約1ヶ月~3ヶ月と言われていますが、短い人もいれば半年以上続いてしまう人もいます。
 

症状がきつい時には直ぐに眼科に行って見てもらう必要があります。目薬で症状を緩和する事ができます。
 

後遺症・合併症を知る必要性

レーシック手術は比較的新しい手術だからこそ、手術を受ける前に後遺症や合併症の危険性や可能性を調べておく必要があります。
 

病院選びでも言えることですがどの病院で受けても同じ技術の手術を受けられるわけではありません。
 

技術が低いのであれば合併症や後遺症の確立も上がってしまうのです。
 

きちんとした知識と納得のいく説明をしてくれる病院、また技術力の高い医師を選ぶ事がとても重要になってくるのです。
 

後遺症として紹介されているドライアイですが、元々ドライアイだった場合は手術後に症状が治るという事もありますのでやはり症状は様々ですね。

レーシック手術のメリット


レーシックの手術を考えている方のほとんどが、レーシック手術を受ける前にメリットを知人や口コミ、それぞれ何らかの手段で情報を得ています。
 

名古屋の場合もそうです。そして多くの方がその情報で手術を受ける決断を下しています。

 

メガネ・コンタクトレンズとレーシック手術

まず視力を矯正する為に使用するのはメガネやコンタクトレンズです。メガネは近年では安価なメガネが出てきている上、着脱しやすいお手頃な物と考えられます。
 

しかし、メガネをかけた時のその容姿からメガネを避ける人も少なくはありません。
 

コンタクトレンズでは直接眼にレンズを取り付ける為、メガネでの容姿を気にする人やスポーツをする時に邪魔にもならないのでスポーツをする人がよくこのコンタクトレンズを使用します。
 

使い捨てではないタイプと使い捨てのタイプとがありますが、使い捨てではないタイプも約3年ごとには買い替えをしなければいけません。
 

一生コンタクトレンズのお世話になる場合、使用頻度にもよりますがどちらのタイプにせよコンタクトレンズにかかる総費用を考えるとかなりの額になります。
 

一方、レーシックでは一回の手術費用が平均15万~20万と言われていますが、一生メガネやコンタクトレンズのお世話になることを考えればとても安い金額になります。
 

さらにコンタクトレンズの着脱時の煩わしさや、メガネからも解放されるというわけです。
 

生活面におけるメリット

まずレーシック手術を受けた方が視力回復をされてよく聞くのが、朝目覚めた時にすぐ時計が見える!という感想です。
 

近視とお付き合いしている方ならよく分かると思いますが、朝目覚めてまずメガネをかけてから時計を見るというのがもうすでに一連の動作になっていると思われます。
 

このメガネをかけるという煩わしさから解放され、パチッと眼を開けただけで壁にかかっている時計が見えるというのは感動的です。
 

また職業柄で近視がNGの場合も、レーシック手術で視力を回復させることによってクリアすることができます。

モノビジョンレーシックの特徴


通常のレーシック手術のおおまかな流れ

通常のレーシック手術は、事前の適応検査を受け、手術が可能であれば日程を決めます。
 

手術時間は15分くらいの短時間で済みます。

①頭と眼を固定し
②洗浄と消毒
③麻酔の点眼
④フラップを作成
⑤レーザーでの屈折率の調整
⑥洗浄
⑦フラップを戻す
⑧手術終了

後は眼を清潔な状態に保ち、激しい運動を避けて、定期検査を受けます。
 
 

モノビジョンレーシックがレーシックと違う点

 

モノビジョンレーシックの場合も、通常のレーシック手術と検査や手術の流れや、屈折率の調整の仕方については同じです。
 

ただ、モノビジョンレーシックの場合は、近視、遠視、老眼などのケースで、利き目と効き目でない目の矯正する視力が違います
 

利き目である方を、遠くが見えるように、利き目でない方を近くが見えるように矯正します。
 

この矯正のため、事前に、手術後の眼の状態を想定したモノビジョンで、実際に矯正する度数を決めます。
 
 

老眼でのモノビジョンレーシックの利点と注意点

モノビジョンレーシックの利点は、老眼であっても、視力を矯正すると、老眼鏡を使用しなくてよいという点です。
 

また、モノビジョンレーシック後、その状態に慣れなければ、再手術で遠方に合わせるという方法があります。
 

手術後は、定期検査がありますので、医師の指示に従って、受けるようにします。
 

モノビジョンレーシックは、人により、眼精疲労が出る、その後、老眼の症状が進み、見えづらくなる場合があります。
 

なので日常で車の運転をする時間が長い、細かな作業を多くするといった場合には、モノビジョンレーシックは向いていません。
 

また、視力矯正の方法には様々なものがあり、ライフスタイルやニーズ、体質や医師の意見を参考に、一番よい方法を選択するようにします。

飛躍的に安全になったレーシック


レーシックは、目の表面の角膜を薄く削り、視力を矯正する技術です。
 

角膜を削る工程の前に角膜の表面を薄く切り取って蓋として用意したあとで(これをフラップと呼びます)内側を削ってフラップをかぶせて終了させるものです。
 

このフラップ作成のために、以前はマイクロケラトームという専用の小型カンナのようなものを用いていました
 

これを執刀医が手作業で動かしていたため、どうしても人為ミスのようなものもありました。
 

それはフラップの厚さが当初予定していたよりも薄い、厚い、変形してしまったなどの不具合を起こす結果となりました。
 
 

現在はフラップ作成もレーザーで行う

現在はフラップ作成にもレーザーを用いており、更に作るフラップの厚さ、削る角膜の厚さなども機械が計算してくれます。
 

それを元に自動的に手術を進めてくれるようになったため、以前ケラトームで執刀医が行っていたレーシックに比べて格段に精度が上がりました。
 

更に、ケラトームでフラップを作るよりも、レーザーのほうが更に緻密な作業が可能であるため、薄いフラップ作成が可能です。
 

そのおかげで、以前は生まれつき角膜が薄くてレーシックを受けられなかったという人でも、レーシックを受けられるかもしれない可能性が広がりました。
 

また、手術中は、目薬で麻酔をするため痛みを感じませんが、麻酔をしたところで、人間ですから眼球がどうしても多少は動いてしまいますよね。
 

最新のレーシック機器には、この眼球の動きを高速で捉えるセンサーが搭載されているため、その動きに合わせてレーザーを照射してくれます。
 

よって、フラップ作成も、その後の角膜蒸散も人間の手作業では不可能な域にまで精度を高めて行うことができるようになっています。
 

こうしてフラップを正確に作ったり、眼球の動きに合わせて予定通りの角膜蒸散を行ったりすることで、ハロ現象のような合併症の確率もグンと下がりました。
 

術後のものの見え方も以前よりとてもくっきりとして質が上がりました。

最近の投稿
 
error: Content is protected !!