ホーム » レーシックの種類 » イントラレーシックとZレーシックの違い

イントラレーシックとZレーシックの違い


イントラレーシック

レーシック手術は、最初に角膜表面を薄く削ってフラップといわれる蓋になる部分を作ります。
 

その後、フラップの下の角膜をエキシマレーザーというレーザーを当てることで、角膜の厚みを調整して視力矯正をします。フラップで蓋をして手術は終わります。
 

このフラップを作るときにレーザーを使うことが今では多くなっています。この時に使うレーザー機器は、イントラレース社製のイントラレースFSレーザーが有名ですが、これは、以前のマイクロケラトームを使用するやり方と比べて、コンピューター制御によって安全性、正確性が格段に上がっています。
 

レーシック手術の名前が、イントラレーシックとなっているものは、上記のレーザー機器の名前が由来になっているようです。
 

Zレーシック

Zレーシックは、このフラップを作るときに使うレーザー機器が、Ziemer社のフェムトLDVという機器を使います。この機器を使用する手術であれば、由来が社名からだと思いますが、Zレーシックという名称を使っているようです。
 

その他のエキシマレーザーや周辺技術(ソフトウェア等)はそれぞれの医院、クリニックで異なっている事が多いですから手術するところを決めるときはある程度調べてからにした方が良いでしょう。
 

イントラレーシックとZレーシックの違い

イントラレーシックは、イントラレース社の機器のシェアが大きいためか一般的な名称として使われることが多いですから、上記のZレーシックとの違いは(フラップを作る時の)機器の違いだけといっても良いかもしれません。
 

フラップを作った後に使うエキシマレーザーもいろいろな機器がありますので、その機器の名前と組み合わせたレーシック手術の名称もあります。
 

また、これらの機器にはいろいろな使い方(主にソフトウェアの)があり、同じ機器を使用した手術でも、その使い方によっては手術代金に差がでることも珍しくありませんので、詳しいことは事前のカウンセリング等でお聞きになってください。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿