アマリスZレーシックと普通のレーシックの違い!


■レアマリスZレーシック vs 普通のレーシック

普通のレーシック

レーシックの機械は様々あります。どんどん進化しています。レーシックの手術の方法で、点滴麻酔をして目を固定してフラップを作り、そこにレーザーを照射しフラップを固定します。

アマリスZレーシック

レーシックの機械の一つには変わりないのですが、立体的です。7次元で目の動きなどを認識するらしいのですが、次元全ての動きを1秒間に1050回という速さで認識するとはどんな世界なのでしょうか。

手術事態は変わらないのですが、レーザーの照射による熱を分散させる照射システムを搭載しています。しかも術後には、見え方が変わっているというのは驚きです。

見え方の違い

アマリスは「アベレーションフリープログラム」という、術後に高次収差(メガネやコンタクトレンズでは矯正することはできない、角膜のごくわずかな歪み)を増加させない照射方法を使っています。

そのために、高次収差が抑えられ自然な見え方になります。これは網膜に光が達するまでに回復するためです。

それはレーシックでは不可能で、目の動きをすさまじい速さで追いかけられる7次元のアマリスZレーシックだと眼の傾きに対応できるため、それによって正確な照射位置へ、レーザー照射を当てることを実現しています。

アマリスZレーシックの手術

基本的にアマリスをやっているのは品川近視クリニックのみです。それもあって名古屋では、品川近視クリニック名古屋院が人気があるのかもしれませんね。」がお勧めです。料金的にも、施術の質と比べて一番お得感があります。

見えすぎの弊害は?

アマリスZレーシックの手術をよく見えるからと選び、見えすぎるためにドライアイに悩むという話を聞きました。このドライアイの症状を、点眼で抑えられるらしいのですが、手術前の話し合いでよくよく考えて決めましょう。