ホーム » レーシックの種類 » 

アマリスZレーシックと普通のレーシックの違い!


レアマリスZレーシック vs 普通のレーシック

普通のレーシック

レーシックの機械は様々あります。どんどん進化しています。
 

レーシックの手術の方法で、点滴麻酔をして目を固定してフラップを作り、そこにレーザーを照射しフラップを固定します。

 

アマリスZレーシック

レーシックの機械の一つには変わりないのですが、立体的です。
 

7次元で目の動きなどを認識するらしいのですが、次元全ての動きを1秒間に1050回という速さで認識するとはどんな世界なのでしょうか。
 

手術事態は変わらないのですが、レーザーの照射による熱を分散させる照射システムを搭載しています。しかも術後には、見え方が変わっているというのは驚きです。
 

見え方の違い

アマリスは「アベレーションフリープログラム」という、術後に高次収差(メガネやコンタクトレンズでは矯正することはできない、角膜のごくわずかな歪み)を増加させない照射方法を使っています。
 

そのために、高次収差が抑えられ自然な見え方になります。これは網膜に光が達するまでに回復するためです。
 

それはレーシックでは不可能で、目の動きをすさまじい速さで追いかけられる7次元のアマリスZレーシックだと眼の傾きに対応できるため、それによって正確な照射位置へ、レーザー照射を当てることを実現しています。
 

アマリスZレーシックの手術

基本的にアマリスをやっているのは品川近視クリニックのみです。
 

それもあってレーシック名古屋では、品川近視クリニック名古屋院が人気があるのかもしれませんね。」がお勧めです。料金的にも、施術の質と比べて一番お得感があります。
 

見えすぎの弊害は?

アマリスZレーシックの手術をよく見えるからと選び、見えすぎるためにドライアイに悩むという話を聞きました。
 

このドライアイの症状を、点眼で抑えられるらしいのですが、手術前の話し合いでよくよく考えて決めましょう。

エキシマレーザーとは?レーシック使用によるメリット・特徴


名古屋でレーシックをした女性レーシックの手術は、レーザーにより角膜を削ることにより、屈折力を調節して視力を矯正するという手術方法です。そして、この時に使われるレーザーが、「エキシマレーザー」と呼ばれるものなのです。
 

エキシマレーザーとは、ある種類のガスを電気と反応させることによってでる紫外線を利用したレーザーです。
 

もともとエキシマレーザーは、半導体の基板を加工するために使われていたものです。それが、1980年代前半頃から、眼科への利用が研究され始めました。
 

そして、アメリカで1985年頃にエキシマレーザーを使って眼の矯正手術が行われるようになったのです。その後日本では2000年に、医療用機器として当時の厚生省から認可されました。
 

エキシマレーザーの2つの特徴

なぜエキシマレーザーが、角膜の手術に使われるようになったのかというと、主に2つの特徴からなのです。
 

まずその特徴のひとつは、精度が高いということです。エキシマレーザーは、元々半導体の基板に精密な加工をするために開発されたレーザーです。
 

そのため、精度の高い加工をすることができるレーザーなのです。
 

この精度の高さによって、角膜を精密に削っていき、適度な屈折に調整することを可能にしているのです。
 

さらに、熱や衝撃波をほとんど発しないということも、エキシマレーザーの特徴です。角膜は熱に弱い性質を持っています。
 

そのため、高熱を発するレーザーで角膜を削ると、熱により角膜が変形してしまうのです。
 

ということは、熱をほとんど発しないエキシマレーザーは、角膜の手術にとても適したレーザーだと言えるのです。
 

エキシマレーザーのメリット

名古屋の看護師角膜を削るレーシックの手術には、最適なエキシマレーザーですが、性能の高さは、当初から医療利用の注目度は高かったことから、日本においても積極的に臨床試験が行われていました。
 

そのため、すでに発ガン性がないことも確認されています。
 

さらにエキシマレーザーのメリットには、水分に吸収されるため、角膜よりも奥の組織にまで浸透しないということがあります。
 

そして、コンピューターにプログラムすることにより、近視や乱視の度数に応じて精密に角膜組織を削ることができるというメリットがあるのです。

イントラレーシックとZレーシックの違い


イントラレーシック

レーシック手術は、最初に角膜表面を薄く削ってフラップといわれる蓋になる部分を作ります。
 

その後、フラップの下の角膜をエキシマレーザーというレーザーを当てることで、角膜の厚みを調整して視力矯正をします。
 

フラップで蓋をして手術は終わります。
 

このフラップを作るときにレーザーを使うことが今では多くなっています。
 

この時に使うレーザー機器は、イントラレース社製のイントラレースFSレーザーが有名ですが、これは、以前のマイクロケラトームを使用するやり方と比べて、コンピューター制御によって安全性、正確性が格段に上がっています。
 

レーシック手術の名前が、イントラレーシックとなっているものは、上記のレーザー機器の名前が由来になっているようです。
 

Zレーシック

Zレーシックは、このフラップを作るときに使うレーザー機器が、Ziemer社のフェムトLDVという機器を使います。
 

この機器を使用する手術であれば、由来が社名からだと思いますが、Zレーシックという名称を使っているようです。
 

その他のエキシマレーザーや周辺技術(ソフトウェア等)はそれぞれの医院、クリニックで異なっている事が多いですから手術するところを決めるときはある程度調べてからにした方が良いでしょう。
 

イントラレーシックとZレーシックの違い

名古屋の看護師イントラレーシックは、イントラレース社の機器のシェアが大きいためか一般的な名称として使われることが多いですから、上記のZレーシックとの違いは(フラップを作る時の)機器の違いだけといっても良いかもしれません。
 

フラップを作った後に使うエキシマレーザーもいろいろな機器がありますので、その機器の名前と組み合わせたレーシック手術の名称もあります。
 

また、これらの機器にはいろいろな使い方(主にソフトウェアの)があり、同じ機器を使用した手術でも、その使い方によっては手術代金に差がでることも珍しくありません。
 

詳しいことは事前のクリニックのカウンセリングで確認してください。

イントラ角膜リングの特徴!


イントラ角膜リングというのはどのようなレーシックの施術なのか説明します。
 

イントラ角膜リングというのは角膜の中に半円のリングを挿入することによって角膜の形状を変えるという施術方法になります。
 

近視や乱視どちらも改善させることができるのですが、施術にかかる時間も20分程度と短くとてもスピーディーな施術を行うことができます。
 

イントラ角膜リングに使われている素材は特殊なプラスチックとなっているのですが、耐久性に優れていてとても安全性が高くなっています。
 

レーシックを受けたいと思っていても、角膜の状態により一般的なレーシックの施術を受けることができないという人でも、イントラ角膜リングであれば受けることができるというメリットがあります。
 

全てのクリニックがイントラ角膜リングを使用して施術を行っているわけではありません。
 

ですがこの施術を行うことができる大手クリニックでは、しっかりとしたアフターフォローも整っていることが多いので安心できます。
 

比較的軽度の近視の方や角膜が突出してしまい、通常のレーシックを受けられないという方、また、一度レーシックを受けた後に角膜拡張症と言われてしまった方々も受けることができます。
 

費用についてはそれぞれのクリニックで違っていますが平均すると30万円から40万円となっています。
 

万が一目に不都合が生じてしまった時にはリンクを取り出すことで元の状態に戻すことができるというのも安全性の面では大きなメリットになると思います。

最近の投稿
 
error: Content is protected !!