ホーム » 名古屋のクリニック紹介 » 品川近視クリニック名古屋院がダントツ安心な理由

品川近視クリニック名古屋院がダントツ安心な理由


名古屋にも実績豊富な品川近視クリニックが!

看護師名古屋にはレーシック実績が豊富な品川近視クリニックがあります。
 

品川近視クリニックは提携クリニックを含めると100万症例にもなりますので、信頼や安心感がとても大切なレーシック手術にとってはとても高い評価を受けていると言えるのではないでしょうか。
 

また、視力1.0以上に回復した患者が98%にもなっており、症例数がとても多い中でのこの実績は高い技術力の表れですね。
 

実際に世界中から7500人の眼科医が集まる世界最高峰の学会において、最優秀賞を受賞するなどの目に見える評価も受けており、ここでも技術力が評価されています。
 

こうした症例数と学会での評価の両面で高い支持を受けているのが、品川近視クリニックの最大の特徴です。
 

40歳からの治療も

レーシック手術といえば、多くの場合は近視の矯正を目的としたものです。ですが品川近視クリニックの場合、高い技術力によって近視だけでなく老眼や白内障手術による視力低下にも対応しています。
 

最近では乱視によるものでもレーシック手術で視力の回復が可能になってきましたが、老眼や眼病による手術にも対応しているとことはまだまだ少なく、この点も品川近視クリニックの特徴ですね。
 

 

アベリーノDNAの検査も実施

レーシックを受けたことによって角膜が白くにごってしまうアベリーノ症という合併症。これは発生確率はとても低いとされていますが、ゼロではありません。
 

またこれは診察だけでは事前に発見できないことが多いのですが、品川近視クリニックではこれをアベリーノ社が開発したDNA検査によって100%発見し、発症を防ぐことに成功しています。
 

アベリーノ症は発症してしまうとその後の治療が困難ですから事前に発見することが大切であり、品川近視クリニックではここでも高い技術力を発揮し、防いでいます。
 

品川近視クリニックは症例数がダントツ

品川近視クリニックで安心できる理由としては症例数が多いレーシック専門のクリニックであるということ。
 

品川近視クリニックで行われたレーシック手術は、今までになんと120万症例以上もあります。この数字は、1ヶ月に2万件ものレーシック手術が行われていることになります。
 

コースによっては、これまでに1万症例を超えるという豊富な経験がある医師が、主任となる主任執刀医制度などもあります。
 

さらに、品川近視クリニックの医師には、これまでに1万以上ものレーシック手術を行った医師が何人もいるといったように、信頼性が高いことも特徴です。実際に品川近視クリニックは口コミも良いものが多いです。
 

他社と費用を比較すると?

看護師レーザー角膜屈折矯正手術の大手である品川近視クリニックと錦糸眼科のどちらがいいのかを比べてみましょう。
 

どちらのクリニックも特徴からすると、安心して手術を受けることができる、信頼できるクリニックと言えるでしょう。
 

それぞれのクリニックが行っているレーシック手術の方法は、品川近視クリニックの方が種類が多いようです。
 

また、費用面を比較してみると、品川近視クリニックは、プラチナレーシックが8万円、プレミアムイントラレーシックが9.2万円、アイレーシックが15万円という価格。
 

それに対して錦糸眼科の価格は、イントラ・カスタム・レーシックが26万円、イントラ・レーシックが20万円、レーシックが8万円と、錦糸眼科の方が少し高いように感じます。
 

もちろん一概に価格が安いだけで選ぶのはよくないので、それぞれのレーシック手術の内容を確認して、納得してから選ぶようにしましょう。
 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿